ベルーガアジア(belega asia)の秘密『大評判のチャーハンの真実』

RSS

チャーハンの真実とは!?

私は和食好みの純日本人だか、最近はチャーハンや餃子など和風料理を脅かす料理も多い。
ただ、私は純和風日本人だが、和風が付け加えられたが、そんな私でもうまい飯には目がない。

和風で好きな食事は肉じゃが、すき焼き、そして厚揚げだが、ご飯と食べるには絶品なものばかりだ。
普段は自宅で食事をするのが基本だが、外食もたまにはする。
ワイフの作る料理には特に目がない、妻の料理はうまめしだ、これだけは譲れない純家庭日本人だ。

だが・・・・そんな純日本人の私にもある店で食べた当時評判だったチャーハンだけは和風の食事ではないが忘れられない。
普通、チャーハンと言えばうまいものだが、どうしてでも食べたいというものではないと思う。
だが、あの店で食べたチャーハンは何度も食べたい、いくらお金を出しても食べたい料理だ。

私が今まで食べてきたチャーハンは塩と胡椒を基本としたチャーハンばかりだった。
このページを読んでいる方達もチャーハンと言えば塩と胡椒を基本の調味料として作るのはチャーハンを食べて経験済みだと思う。
ただ、チャーハンには色々な種類がある事を私は知らなかった。

チャーハンは中国で生まれたものだと言われているが、今は中国との関係も難しいところだ。
中国との関係も良くなるのも悪くないと思うと同時に、中華料理も私はちゃんと認めたい。
そんな純中華風日本人の私だが(笑)実は私も笑いを狙っていたのだ、そんな純冗談可能日本人が私だ。

このページを読んでいる方達は「馬鹿にしているの?」「馬鹿にしているのか?」と思うかもしれない。
だが笑いがなければこの世は苦しみばかりになると私は思うが、このような内情を書くと笑いは収まってしまう。

そうそう、チャーハンの話だが、和食と中華料理は調味料も、具財も大分違う事は皆さんもご存知だろう。
だが、私か何度でも行きたいと思う、あの店のチャーハンは和風チャーハンとも言える味だった。


私が食事にこだわりがあるのは分かって頂けると思うが、和風チャーハン?と思う方もいるだろう。
あの店は、店構えからして中華とは思えない、和風の建築だったが、店内に入ってまた驚いた。
中華料理の食事処なのだが、店内の店員も料店長も、割烹着を着ていたのだから正直衝撃だった。

あまりうんちくをかたると嫌な方もいると思うので、簡単にあの和風チャーハンを食したときの感想を書こうと思う。

まず、一口食べて、だし、簡単に言えばだしの素が入っていたので驚いた、そしてこしょうの風味もしなかった。
そして普通のチャーハンと一番違うと感じた点は、おこげ風な飯であった点だ。
そしてそのおこげ風な飯を作る油が、私の推測で言うとゴマ油だったように感じた。

風味もあの独特の食感も忘れられない。


一度は行きたい中華料理店とは一味違うが、あの店のチャーハンはワイフでも作れないので、今でも忘れられない。
忘れられないと言っても月に5回は今でも食べに行くので、忘れられないと言う表現は正しくないのかもしれない。

私が食べたあの評判のチャーハンも何かの参考になれば良いと思うが、どうだろうか。
和風のチャーハンはこれから人気になって欲しい、人気になれば良いと思っている。

長くなってしまったがここまで読んでいただきありがとう。